薬剤師の独立を支援!フランチャイズ薬局の経営方法とは?

薬局の経営で大切なこととは?

薬剤師として長年働いてきた人の中には、独立開業を夢見る人も少なくありません。薬剤としてのスキルは十分でも、薬局を開業するには経営や運営のスキルが必要となります。薬剤師としてだけではなく、経営者としての目線も必要だといえるでしょう。

薬局とドラッグストアの違いとそれぞれの特徴

医師の処方箋を元に薬剤師が薬を調剤する・薬局

薬局は、主に医師から処方された薬剤を渡すために存在しています。市販薬よりも、より効果の高い専門的な薬が手に入るというメリットがあります。また、薬剤師が常駐しているので、薬について気軽に質問できるというのも嬉しいポイントだといえます。

日用品や一般医薬品を販売している・ドラッグストア

日用雑貨や食品、一般医薬品を販売しているのがドラッグストアです。薬局のように専門性の高い薬を扱うことはできませんが、幅広い商品が一度に手に入ります。近年は、薬剤師が常駐しているドラッグストアも増えています。

薬剤師の独立を支援!フランチャイズ薬局の経営方法とは?

男女

独立するならフランチャイズがおすすめ

薬剤師としての経験や開業の資金は持っていても、薬局の経営手法や運営方法をすぐに身に付けることは簡単ではありません。手軽に開業を目指すなら、フランチャイズ契約を目指しましょう。フランチャイズ契約を結べば、本部が薬局の設営から経営方法の指導まで様々なサポートを行ってくれるので、特別なスキルがなくとも資金さえあれば開業できます。開業当初はフランチャイズ加盟して、後々完全に独立するというのも一つの手段です。

薬剤師と患者

フランチャイズ薬局の特徴

フランチャイズ薬局を選ぶ最大のメリットは、医薬品が通常よりも安価に手に入るという点です。個人的に購入すると正規料金が必要となりますが、フランチャイズであれば本部がまとめて購入するので、卸業者からいくらか安く手に入れることが可能です。薬局にとって最も金銭的に負担となるのが医薬品の購入費用なので、ここが節約できれば経営の負担を軽減することができます。

医薬品

フランチャイズ薬局の開業までの流れ

まずは、どの企業とフランチャイズ契約を結ぶかを考えましょう。事前に複数の企業の経営方法や実際にフランチャイズ契約を結んでいる人の感想などを調べて、自分に合っている企業を探し出します。審査に合格すれば晴れて契約締結となるので、開業する場所を決めておきましょう。契約を結べば基本的には本部が開業までサポートしてくれるので、何よりも信頼できる企業を探し出すことが大切です。

開業はしっかりと準備を整えてから決断しよう!

薬局を開業するためにはフランチャイズ契約のための資金に、店舗設営のための資金が必要になります。また、当面の運営資金や生活費も必要となるので、資金は潤沢に準備してから動き出しましょう。開業に向けて時間もなくなるので、やるべきことを済ませておくことも大切です。

広告募集中